【キレイな血】クレンジング療法適用疾患

美容皮膚科で行われているクレンジング療法は、100150ml程度の
血液を専用のボトルで採取し、代謝と免疫力を活性化するために
オゾンガスを注入してから体内に戻すという施術です。

オゾンというのは酸素分子に酸素原子が結合して作られる物質です。

オゾンは反応性が高く、殺菌効果や匂いの分解作用が強いという
特徴があります。

そのためさまざまな分野で利用されているということです。

医学領域では以前から殺菌や消毒のために使われてきましたが、
近年では根本的な病気治療や病気予防、抗老化作用などもあると
いうことで注目を集めています。

血液とオゾンが反応すると黒い血液が一瞬で鮮やかな赤に変色し、
活性化されたということが分かります。

オゾンで活性化された血液を体内に戻すことにより、脳や目に
酸素がしっかりと届きますし、体が温まるのを実感できるでしょう。

オゾンガスは体を錆び付かせてしまうのではないかと不安に感じて
いる人もいるかもしれません。

治療

しかし、少量のオゾンガスを注入した場合、逆に体内の酸化ストレスが
減少しますし、抗酸化力が高まるということです。

クレンジング療法は日本ではあまり知られてはいませんが、
イギリスやドイツ、スイス、イタリアなどといったヨーロッパでは
広く行われています。

その効果や安全性などは既に確立しており、健康や美容、
アンチエイジングなどさまざまな効果が期待できます。

海外には専門の病院なども存在していますし、一般的で安全性の高い
施術であると言えるでしょう。

冷え性

治療効果を期待できる疾患としては、肩こりや冷え性、肝炎、HIV
慢性関節リウマチ、ガン、悪性リンパ腫、動脈硬化、狭心症、心筋梗塞、
アルツハイマー、パーキンソン病などが挙げられます。

また、全身の疲労を回復する効果や筋肉の修復を促す効果、
筋肉の老化を防ぐ効果、細胞の若返りを促進する効果、
病気にかかりにくい体質に改善する効果、免疫機能を活性化
する効果なども期待できます。