【キレイな血】クレンジング療法の副作用について

血液クレンジング療法とは、浄化作用のあるオゾンガスを使い、
血液を綺麗にしていく治療を言います。

糖尿病をはじめとするさまざまな生活習慣病に対して効果を発揮
するだけでなく、がん、悪性リンパ腫、肝炎、
HIVといった
治りにくい病気にも有効な治療法です。

肌トラブル

最近では、肌トラブルの解決やアンチエイジングといった、
美容目的で利用する方が増えており、美容皮膚科などでも導入
されている治療法です。

このように、多くのメリットを持つ血液クレンジング療法ですが、
副作用はないのかと心配を抱える方が多いのも事実です。

この点、副作用はないとするのが一般的です。
なぜなら、現在の手法は安全性が確立されているからです。

治療で用いられるオゾンガスとは、1840年に発見された自然界に
存在するオゾンを圧縮したものです。

オゾンは人体に悪影響を与えるような物質ではなく、むしろ、
体内の汚染物質を排除し、酸素不足を解消するありがたい成分です。

また、ヨーロッパでは40年以上も前からこの治療法が実施されており、
多くの治療実績があります。

そして、長年の研究の結果、現在の方法で治療すれば危険性がないことが
確認されています。

なお、アメリカではあまり浸透していません。その理由は、過去に
誤った治療法を施した医師がいたため、治療が禁止されたという経緯が
あります。

しかし、日本の医療機関では、ヨーロッパの正しい治療法が施されますから、
全く問題はありません。

副作用の可能性があるとすれば、それは医療機関が衛生対策を怠って
いる場合が考えられます。

医者

しかし、現在の治療法では血液が外気に触れないように安全性が確保
されていますし、使用する器具は使い捨てのものです。

したがって、空気中のウイルスや細菌が体内に侵入する心配はありません。
同時に、他人が持った病気に感染することも考えられません。

このように、医療機関では細心の注意を払いながら治療が実施されて
いますから、副作用の心配はありません。