人はどのような心境の変化で家を売却するのか

家を売却する場合相当な覚悟が必要となりますが、
家を購入する人から見ればどうして売却してしまうのかと
不思議に思うこともあると考えられます。

家を売却する一番多い心境としては、新築にする場合や
より良い利便性を求めて引っ越す場合、転勤する場合、
マンションに住み替えたいといった理由があげられます。

言いたい事また、他にも多いのが離婚や親との同居、経済的な事情、
お子様の環境の変化などがあります。

家の老朽化やご近所トラブルなどの理由がある場合もある、
と言われていますが、家を売却する心境で圧倒的に多いのが
環境の変化だと捉えることができます。

まれに、親の介護や障害のあるお子様のために
やむを得ず家を売ったり、市のよりよい福祉制度を求めて
住み替えたりする人もいらっしゃいます。

家を売却する人の理由や心境、事情は人それぞれですが、
もし購入希望の方に理由を聞かれた場合は、
なるべく家の事情を丁寧に答えるといいと考えられます。

設置する新築に移り住む、転勤、親などとの同居が理由であれば
悪いイメージは持たれませんので、正直に言っても
問題がないと考えられます。

仮に事故や事件の場合ですと告知義務がありますが、
そういう場合は依頼する不動産会社と
よく相談をしてみることが必要となります。

しかしほとんどの場合、より良い環境や新築に
移り住みたいというものが多いですので、購入する側も
理由を聞いて納得ができるものであれば
深刻になる必要はないと考えられます。

プロに家をチェックしてもらってから家を売却する

転勤などの何らかの事情によって、マイホームとして
これまで使ってきた家を手放すのであれば、やはり
できるだけ高額で売却ができたほうが望ましい
というのはたしかなことです。

こうした場合、そのままの状態で家を売却するよりも
いったん必要な個所をリフォーム、修繕した上で
売却にかけたほうが、結果としてより大きな利益を
得ることができる可能性があります。

大切にしたい気持ちもしも家の売却を検討して
いるのであれば、プロの住宅診断士
などのチェックを受けてからのほうが
安心できます。

わが国ではまだあまりなじみが
ないかもしれませんが、
一級建築士などの専門的な
知識とノウハウをもった住宅診断士に
依頼をすれば、客観的な視点から家の劣化の
有無やリフォームの必要性などをチェックし、
アドバイスをしてくれます。

売却しようとしている本人では、なかなか専門的な
知識もなく、しかもこれまでマイホームであった
という予断が入ってしまうため、こうした判断と
いうのはむずかしいものです。踏み外さないように

専門的な診断が下れば、リフォームの費用などを
計算して、実行にうつしてもよいですし、もしも
費用的にむずかしいとしても、診断をしたという
事実と結果については、これから購入しようとしている
希望者に伝達することができます。

診断済みの物件であれば、購入してから欠陥などの
クレームをつけるような事態におちいる可能性も
少ないため、より有利な条件の購入希望者を
探すことができるといったメリットもあります。