相続したけど誰も住んでいない家がある場合、家を売却することも検討を

家族や親族が亡くなり、相続人として
その遺産を相続する場合には、たいていは
亡くなった人が所有権をもっていた
家や土地といった不動産が含まれているものです。

そうはいっても、相続をした人がすでに
マイホームを持っている場合には、せっかく
相続をした家があったとしても、使い道がなく
誰も住んでいない状態で放置したままに
してしまうということも、世の中では
めずらしいことではありません。

このような場合ですが、家の所有者に対して
毎年課せられる固定資産税、その他敷地内の
除草、内部の部屋の清掃などといった
管理についての費用も、大きな負担に
なることがあると考えておいたほうが
よいといえます。負担

特に、最近では使われずに放置されている
空き家が社会的な問題となっていることから、
これまで建物の敷地となっている土地に
適用されていた固定資産税の特例が
適用されなくなり、一気に6倍もの
高額の固定資産税を支払わざるを
得ないといった状況が生まれることが
懸念されています。

大きくするためにこのようなことから、放置したままに
しているのではなく、地域の不動産会社などを
通じて、積極的に売却も検討したほうが
よい場合があります。

売却をしてしまえば、とりあえず所有権は
相手の手に移りますので、固定資産税は
これ以上は支払う必要がなくなりますし、
十分な資産価値をもっている不動産であれば
臨時収入が現金で手に入るかもしれません。

また、老朽化していて売却が困難とみえるような
物件であっても、一度は不動産会社に
相談をしてみることがすすめられます。

老朽化していても、リフォームによって
市場流通が可能なレベルになることは多く、
その場合は期待しなかった高値で売却できる
可能性があるのです。