昔家族で住んでいた実家が売却できずに困っています

家の売却では、必ずしも相場通りの価格で
売れるというわけにはいきません。

現在は少子高齢化が進んでおり、特に
人口減少が進んでいるエリアでは
価格をかなり下げなければ売れない
ということも起こります。

1つの選択肢として、不動産会社に
直接買取をしてもらうという方法があります。努力の成果

仲介をしてもらう場合に比べて
買取では7割~8割くらいの
安い価格で買い取られてしまう
ということがデメリットと
なりますが、築年数が経過して
いて売れにくい家の場合には、
買取のほうがメリットがある
ケースもあります。

家の売却では、不動産会社によって得意・不得意が
あるということは知っておきましょう。

築年数が経過している実家の売却の場合、
不動産会社をしっかりと選ばないと、なかなか
売れないということも起こるでしょう。

始まる仲介の契約は3ヶ月ごとの更新と
なっているケースが多いですが、
3ヶ月ごとに不動産会社の
変更も検討してみましょう。

最後の手段として、価格を下げる
という方法もありますが、それは
本当に最後の手段です。

不動産会社の変更などを検討してみて、
他にとれる手段がないという時に、価格を
下げるということを考えましょう。

クリーニングはほぼ必須ですが、家の売却では
リフォームはしないほうが良いでしょう。

本格的なリフォームをしてしまうと
価格が上がってしまい、かえって売れなくなります。

しかし、簡単なリフォームならしたほうが
良いケースもあるので、不動産会社の担当者と
相談をしながら、検討してみましょう。